憧れのフリーランスになったら、気楽に働けるようになる反面、収入が不安定になってしまったという人は少なくありません。

フリーランスとして活躍するにはスキルが重要ですが、実はそれ以上に営業力が必須です。というのも、高度なスキルを持っていても、仕事がなければ収入にはつながらないからです。フリーランスのメリットは、自由度の高い働き方ができることが挙げられます。ただし、自由な働き方には責任が伴うことを忘れてはいけません。

そして、人脈づくりも自主的に進めていく必要があります。IT業界で働いている友人や知人、前職の取引先などを当たってみましょう。今は正社員として働いており、将来的にフリーランスを目指している人は、今から人脈づくりをすることが大切です。これまでコミュニケーションをほとんど取ってこなかった相手に対して、独立したからと連絡しても相手にしてもらえない可能性の方が高いでしょう。人脈は1日では作れないので、日頃から積み重ねが求められます。

最後に、営業力を高めるには、ブログやSNSでの積極的な情報発信が役立つでしょう。インターネットを使った営業の魅力は、あまり費用をかけずに済むことです。さらに、世界中の人たちとつながることができるのも強みといえます。IT業界の仕事は、日本全国から請け負えるため、ブログやSNSを使用した営業は今や常識といっても過言ではありません。

メディアを駆使して自身の知名度を上げれば上げるほど、必然的に仕事の依頼も増えてくるでしょう。