フリーランスとして独立する際には、どのような準備があらかじめ必要になってくるのでしょうか。

まず一つが人脈を広げておくことで、人脈があるかどうかで仕事が獲得しやすいかどうかも大きく変わってきます。フリーランスのエンジニアやプログラマーは、自分で営業を行って仕事を得なければなりません。そのときにコネがあるのとないのとでは、大きく差が出ます。企業に勤めていると同僚や上司だけではなく、取引先の相手などさまざまな人たちと出会えますが、それを活かさない手はないでしょう。

そして、ある程度資金を貯めることも重要です。フリーランスの給与は毎月決まってもらえるわけではないので、仕事がなければ無収入になります。貯金がまったくないと、フリーランスになってすぐ生活に困る可能性もあるのです。そうならないために、数ヶ月は無収入でも生活できる程度に資金を貯めておくと安心でしょう。そのほか、事務所を構えるのであれば賃料がかかるうえ、仕事環境を整えるための資金がかかります。

最後に、すぐに仕事が上手くいくわけがないという心構えを持っておくことも重要です。なかなか仕事が見つからない、クライアントから何度もダメ出しされてしまう、こういった事例はよくあります。あまり夢を見すぎるとすぐに挫折してしまうので、仕事が軌道に乗るまでにはある程度時間がかかると思っておいた方が良いでしょう。

以上のことから、いきなりフリーランスになるのではなく、一度企業で経験を積んでおくことが大切といえます。